スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『宵山万華鏡』森見登美彦

くるくる廻すたびに景色が変わる、まさに万華鏡のような宵山の一日。

宵山万華鏡宵山万華鏡
(2009/07/03)
森見 登美彦

商品詳細を見る

宵山とは、祇園祭における山鉾巡行前夜のこと。聞き慣れない言葉がいくつか出てくるので、事前にざっと知識を身につけておくと読みやすいと思います。ちなみに私は京都近郊に住んでいましたが祇園祭は未経験です。。

宵山、露店、山鉾、金魚…収録されている六編とも登場するキーワードは同じなのに、それぞれ味わいが違っていて、本当に不思議なお話でした。先の展開を知らずに読んだ方がより楽しめると思います。実際、私は読んでいて心地よく翻弄されました。

「宵山姉妹」では幼い女の子が宵山の夜に紛れ込んでいく光景が幻想的に描かれています。これはこれで上手いなぁと思うけれど、森見ファンとしてはちょっと物足りないのも確か。この時点ではまだいろんなことが謎だらけです。

次の「宵山金魚」はガラッと雰囲気が変わり、宵山見物に来た男が変人男に振り回されるお話。このあたりからいつもの雰囲気が見え隠れし始め、そのあとの「宵山劇場」はもう完全に森見ワールド(笑)ただただ楽しい一編です。
「宵山金魚」の裏側を追ったものであるとともに、『夜は短し歩けよ乙女』でおなじみの「偏屈王」の裏側も垣間見えるというオマケつき。私はあの文化祭の話が特に好きなんですが、劇団員の結束の堅さに感心していたのに裏では色々あったのね、とちょっと切なくなりました^^;

そして「宵山回廊」。この話を境に、また全然違う景色が見えてきます。「宵山劇場」である程度オチはついたと思わせておいてのこの展開にはやられました。読んでいて背筋がひやりとするような、あやしい気配に満ちていて、グイグイ惹き込まれます。
続く「宵山迷宮」でますます謎は深まり、宵山とは一体何なのか、掴めそうで掴めないのがもどかしい。

最後の「宵山万華鏡」は「宵山姉妹」と対になっていて、くるっと一回転するように綺麗にまとまっています。しっかりと手をつないで家路につく姉妹の姿にほっこりしました。

読み終えてもまだ宵山の中にいるような、ふわふわとした余韻が残っています。
あざやかな表紙・装画も素敵でした。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2009.12.21(Mon) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。