スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『インビクタス 負けざる者たち』

昨日は朝から映画館に行ったので、どうせならともう1本観てきました。
クリント・イーストウッド監督の最新作ね、というくらいの認識しかなく、暇つぶし程度の気持ちで観たのですが、ものすごく良かったです!

舞台は南アフリカ。アパルトヘイト撤廃後に初めて全人種参加の選挙が行われ、ネルソン・マンデラという黒人の大統領が誕生するところから始まります。
いくら制度が撤廃されたからといってすぐに差別がなくなるわけがありません。黒人は自分たちを迫害した白人を心から憎み、白人はマンデラの就任によってこれまでの自分達の生活が脅かされることを恐れています。(アパルトヘイトといえばつい先日『ツォツィ』を読んだばかり。こちらはフィクションですが、これを読んでいたことで黒人達の怒りの根源を多少とも知ることができてよかったです。)
人種間の温度差はラグビーの試合でも顕著で、白人達がナショナルチーム「スプリングボクス」を応援する一方、黒人達は敵チームを応援する始末(ボクスが白人主体のチームのため)。そこでマンデラ大統領は、ワールドカップに向けて一緒にボクスを応援することで、国民の心をひとつにまとめようとするのです。

モーガン・フリーマン演じるマンデラ(マディバ)のセリフがいちいちグッとくるんですよ。就任初日のスピーチから既に引き込まれてしまいました。新しい南アフリカをつくるという信念のもと、マディバは根気強く語りかけます。人の心を動かすには闇雲に突き進むだけじゃ駄目で、時には強引さやしたたかさも必要です。その点マディバは、どこで押すかあるいは引くか、そのタイミングが絶妙なのですよね。
国の抱える問題は山程あるはずですが、あえて枝葉は省き、ラグビーにだけ焦点をあてたのもよかったと思います(他の仕事もちゃんとして!と思わなくもなかったですが 笑)。試合が進むにつれ、国民が少しずつ変わっていく様がいいですね。それを最も象徴しているのがマディバを警護するSPの面々。皆で休憩時間にはしゃいでいるシーンでは、こっちまで笑顔になりました。

綺麗に描きすぎと思う向きもあるでしょうけど、私は好感を持てました。人種問題という難しいテーマを扱いながらも重苦しくなく、爽やかで気持ちのいい映画でした。おすすめです!

Trackback [0] | Comment [0] | Category [映画] | 2010.02.17(Wed) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。