スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『クジラの彼』有川浩

世の人々が有川浩にハマる理由がわかりました。
陸海空それぞれの自衛隊員たちの恋愛短編集。かなり糖分高め、でもクドくない、癒しの味。

クジラの彼クジラの彼
(2007/02)
有川 浩

商品詳細を見る


『図書館戦争』『阪急電車』等々、この方の作品にはかなり興味を惹かれつつも、実のところ読み始めるまでは、本当に大丈夫か?との不安は拭いきれませんでした。
だって、どの書評を読んでも「あまあま」「ベタ甘」なんて書かれていて、ただでさえ恋愛小説を敬遠している私に果たして耐えられるのかと思うじゃないですか。
でも、そんな心配は杞憂でした。むしろ、少女マンガ読みとして、かつてのトレンディドラマファンとして、ストライクゾーンど真ん中だったといえるでしょう。。

私が恋愛ものを嫌うのは、三角関係だの不倫だのドロドロしているか、やたら綺麗事ばかり並べて立ててあるか、いずれにしても女が恋愛至上主義者であることが多いからだと思うのですが、この本には少なくともそんな要素は欠片もありませんでした。
確かに甘いシチュエーション満載、読んでいてむずがゆくなるような場面も多々ありましたが(笑)なんといっても自衛隊員、仕事に命をかけています。どの登場人物も(男も女も)、恋愛に一生懸命なのと同じくらい、いやそれ以上に仕事に一生懸命なところが、この短編集の魅力なんじゃないかなと思います。
単純に自衛隊の内情を知ることができるだけでも楽しいですし。恋愛小説の胸きゅん感とお仕事系小説のおもしろさを兼ね備えた、お得な1冊です。

全6編中、3編が他作品のリンクらしく、それならそちらも読まねばとあらすじを見てびっくり。なんだかファンタジー?なんですね。この本では普通の世界(ある意味、妄想世界だけど)だったので。
リンク元の『海の底』は既に購入済み。まだ読む予定はないけど、楽しみにとってあります。『空の中』は文庫本が出てるけどちょっと保留。ファイターパイロットの彼女がちょっと苦手なタイプなのよね…。
ちなみに『クジラの彼』の中では、表題作と「ロールアウト」が好きかな。

<2009.1.11 追記>
ようやく『海の底』を読みました!(感想はこちら
ちゃんと順番通りに読んだ人は、夏木と望の後日譚は嬉しかったでしょうね~。望があんな面倒くさい女になるとは…って感じでしたが、その意外性がまたリアルでよかったのではないでしょうか。

冬原の方は、前作を読む前と後では全然印象が違いました(私が誤解していたせいもありますが)。
『海の底』時点ではこの『クジラの彼』の設定は考えられてなさそうです。既に聡子とつき合っているはずなのに、そんな素振りは一切なかったですし。
他にも深読みするといろいろと気になる点が。冬原は22,23歳で聡子も同い年のはず、なのにボンとの年齢差の記述がおかしいような??とか、あの状況だったら子供達の誰かが聡子のメールに気づくはずでは?とか。まぁ些細なことなんですけど(苦笑)
(これは私の悪い癖で、人物設定は正確に把握しないと気が済まないので、叙述トリックなんかは大抵すぐわかっちゃうんですよねぇ…困ったものです)

Trackback [0] | Comment [1] | Category [作家別:あ行] | 2008.09.27(Sat) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009.01.16(Fri) 02:59 | [] | 編集 | ▲PageTop

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。