スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『瞳の中の大河』沢村凛

内戦の終結に命をかけた男の半生を描いた、傑作大河小説。

瞳の中の大河瞳の中の大河
(2003/07)
沢村 凜

商品詳細を見る


この本は絶対に一気に読みたいと思って温めていたのに、結局あまり時間がとれず、1週間くらいかけて読むことに。
でもその間まったく集中力が途切れることはなく、最初のエピグラフから既にぎゅっと心を掴まれ、本を開くたびに物語の世界に引き込まれる感覚でした。
四部構成で数十年にわたる話なので、時間をかけて読んで却ってよかったかもしれません。読み終わった後は何歳か年をとった気がしたほどです(笑)
また、各部の一章が「髭」「皺」など漢字一文字で登場人物たちの様子を描写していくという一風変わった構成になっているのですが、これがいい具合に全体を引き締めていました。

あらすじはほぼ最初の一文に尽きるのですが、もう少しだけ詳しく。。
貴族が絶大な権力を持ち横暴の限りを尽くす国で、平民アマヨクが軍人として初任務に就くところから物語が始まります。悪政に苦しむ平民達は、貴族が実権を握る軍隊を当然良くは思っていません。裏では叛乱軍として革命を起こそうとしている野賊達に協力する者もいます。そんな中、アマヨクだけは軍や国を正義だと信じ、野賊を降伏させて平和を取り戻そうとするのです。

最初はただの世間知らずに見えたアマヨクですが(だってどう見ても国が正義だとは思えないもの)、読み進めるうちに彼の言わんとしているところがわかってきます。その信念を貫き通す強さには何度も感嘆しました。
ただ彼は英雄かもしれないけれど聖人君子ではないんですね。そのあたりの描き方が絶妙でした。他の登場人物も含め、どんな人間にも欠点があるということを強く意識して書かれているのだと思います。
そもそもアマヨクのような人物を主人公にもってくるというのがおもしろいです。普通だったらオーマあたりの叛乱軍側から描きそうなものですが。

登場人物たちの波瀾万丈の人生は、戦を終わらせることがいかに難しいかを物語っています。ここから『黄金の王 白銀の王』につながっていくんですね。
個人的には『黄金の王~』の方が好みでしたが、どちらもお勧めです!!

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:さ行] | 2010.03.09(Tue) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。