[Category] 作家別:さ行

≪ new     old ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『青空の卵』坂木司

思いやりと自己満足の境界線って難しい。

青空の卵 (創元推理文庫)青空の卵 (創元推理文庫)
(2006/02/23)
坂木 司

商品詳細を見る


ひきこもり探偵シリーズ三部作の一作目。坂木司さんの代表作ということで読んでみました。ペンネームもこの主人公からとったのですよね。
困っている人を放っておけない性質の坂木と、頭脳明晰で毒舌そして繊細な心を持っている鳥井。彼らが様々な人たちと出会い、少しずつ前進していくお話です。
ジャンルは一応、日常の謎系のミステリなんですが、青春もの(友情もの)と捉えた方がよさそうです。無理のある推理が多いし、謎自体もそれほど興味を惹かれるものではないと思うので。

主人公二人のシーンがどうにも苦手でした。こういうのが好きな人は多いと思うし、あくまで私個人の好みの問題ですけども。
大人になってもいまだに依存し合ってしまっている二人の際どさ、みたいなのを表現したいのだろうと思うのですが、ここまでモラトリアム全開でこられるとなぁ。こんな友情ありえない、とまでは言えないけど、やっぱり相当おかしいですよね。
もちろんわざとそう書いているわけで、塚田と安藤をああいう風に書いたことで予防線は張っていることだし、へんに勘ぐる方が野暮なんだとわかってはいるんですけど。
それでふと思い出したのが『BANANA FISH』。私、あの二人も苦手だったんですよ…。特に英二が。

いきなり批判から入ってしまいましたが、登場人物のキャラクターは悪くないです。
なにより栄三郎さん。彼のおかげで一気に楽しくなりました。滝本&小宮の警官コンビも好きです。鳥井の口の悪さもけっこう好き。坂木がただのお人好しではなく、意外と利己的な一面を見せたりするのも人間くさくていいと思いました。

大人になりきれない葛藤とか、人との繋がりを持つことで得るもの・失うものとか、それこそどういう友情が正しい形なのかとか。答えの出ない問題だとしても、それについて考えることで気づかされることは多いはず。
坂木と鳥井が最終的にどんな関係に落ち着くのか、気になるところです。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:さ行] | 2011.07.14(Thu) PageTop

『おしまいのデート』瀬尾まいこ

”最後の”デート、ではなく”おしまいの”デートって言い回しが瀬尾さんらしくていいのです。

おしまいのデートおしまいのデート
(2011/01/26)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る


一風変わったデートにまつわる短篇集。組み合わせも男女に限らずいろいろです。

「おしまいのデート」
思春期真っ只中な女の子とおじいちゃんのデート。
このおじいちゃん、ちょっととぼけているのですが、名言率高し。演歌とビートルズの組み合わせは『天国はまだ遠く』を思い出しました。

「ランクアップ丼」
昔やんちゃした教え子と先生のデート。
三好くんなんていい子!学ランの下に赤いシャツ着てるのに横断歩道でおばあちゃんの荷物持ってあげるタイプですね(笑)
上じいと三好くんの方言での会話が心地いいです。この話が一番好きでした。

「ファーストラブ」
ほとんどしゃべったこともないクラスメイトの男の子同士のデート。
宝田のアプローチの仕方がどこかズレてておもしろいです。広田が誤解するのは当然でしょう(笑)なにか因縁があって誘ったのかなとか深読みしてしまったのですが、どうなんでしょう。

「ドッグシェア」
バツイチOLと大学生の一匹の犬を介したデート。
飼うわけではないのに餌はやるとか、どうも二人とも無責任な気がしてあまり楽しめない話でした。
久永さんの言動は同い年としてはちょっと複雑…。「まけてよ」とか平気で言えるには早い気がするのですが(^^;

「デートまでの道のり」
園児のお父さんとこっそり付き合っている保育士のお話。
妙に冷めた態度を取ったりするカンちゃん。小さい子供って、大人が考えている以上にいろいろ解ってたりするんでしょうね。
カンちゃんのお父さんのポジティブな性格、あこがれます。

どの話も前後背景が説明不足というか、どうとでも解釈できるように書かれています。でもそれが嫌な印象はなくて、特別なイベントとして取り上げているわけではなく、ごく自然な一場面を切り取ったという感じがしてよかったです。
余韻というよりは、この先のことが簡単に想像できるような終わり方。

いつにもまして装丁がかわいいです。カバーを外した中の絵もなかなかステキ。

Trackback [1] | Comment [0] | Category [作家別:さ行] | 2011.05.28(Sat) PageTop

『ヤンのいた島』沢村凜

一つの島が世界と出会うとき、どんな運命を辿るのか。

ヤンのいた島ヤンのいた島
(1998/12)
沢村 凜

商品詳細を見る


数十年前まで発見されなかった小さな島イシャナイ。Z国に植民地として支配された後、独立国家となったイシャナイは、政府軍とゲリラが内戦を繰り広げる危険な国になっていました。伝説の生物・ダンボハナアルキを求めてやってきた瞳子は、いま現在のイシャナイと、こうあったかもしれないイシャナイの姿を目の当たりにすることになります。

どんな話かまったく予想もつかない状態で読み始め、途中で全く別の物語が始まったときは「えぇっ!?」となり、一体どこに辿り着くんだろう?と最後まで手探り状態でした。
イシャナイは架空の国でありファンタジーです。ですが、提起されている問題は現実の社会と同じ。瞳子以上にこういったことに疎く無知な自分がなんだか恥ずかしくなってしまいました。何も知らなくても安全に暮らせるというのは幸せなことです。
終わり方には賛否両論あるようですが、しんみりとした余韻もあって、私はよかったと思います。タイトルが過去形なのがまたせつない…。

これまでに読んだ沢村さんの作品『瞳の中の大河』『黄金の王 白銀の王』と本作、全てに共通するのは、”戦争のない平和な国にするにはどうすればよいか”ということでした。また同じテーマで書かれたとき、今度はどんな物語になるのでしょうか。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:さ行] | 2010.10.28(Thu) PageTop

『恋する空港 あぽやん2』新野剛志

前作とはガラッと変わった装丁がかわいいです。

恋する空港―あぽやん〈2〉恋する空港―あぽやん〈2〉
(2010/06/08)
新野 剛志

商品詳細を見る


空港勤務の旅行会社社員の奮闘を描くシリーズ第二弾。
情けないことに前作の内容をきれいさっぱり忘れてしまっていて、脇役はおろか主人公の遠藤でさえどんな人物だったか思い出せない始末;たまに過去の出来事にふれられても、そんなこともあったような??としか…。
そんなわけで、最後までノリきれないまま読み終えてしまったのが残念でした。特に1話目を読んだ時点では1話完結だと思っていたので、なんて後味の悪いラストなんだ…とどんよりしてしまった私。実際は連作短編で、いい終わり方でした。

前半は起きる事件が突飛すぎたこともあり、いまいちお仕事小説のおもしろさは感じられなかったのですが、「台風ゲーム」では教祖様の事情を知ってなるほどと思ったり、空港ならでは、旅行会社ならではのトリビアや行動心理を垣間見れてよかったです。
私はあまり旅行をしないのでチェックインが何をするのかもはっきり理解できていないのですが、空港をよく利用する人だったら何倍もおもしろく感じられるんじゃないかと思います。

それにしても、女性ばかりの職場って本当に大変そう…。私は女ですけど女性の集団は苦手;
以前勤めていた会社で、メンバが全員女性というプロジェクトのリーダーをやった時は、さすがにしんどかったです。必要以上に気を遣っちゃって(^^; 私を含めて5人くらいでしたが、特に女性が多い職種でもないので、異様な光景でしたね。女ばっかりで集まってると会議に見えないのはなんなんだろうとか考えてました。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:さ行] | 2010.08.20(Fri) PageTop

『オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン(5)』小路 幸也

前の『マイ・ブルー・ヘブン』は番外編だったので、本編は久しぶりです。

オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴンオール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン
(2010/04/26)
小路 幸也

商品詳細を見る


季節ごとに1話ずつ1年間にわたって描かれるのはお約束通り。お約束といえば、毎回の朝食シーンはやっぱり好きですね。皆が一斉にしゃべってるんだけど、どれが誰のセリフかちゃんとわかるっていう。
今回は家族内のゴタゴタはなく、周りの人たちの問題を解決する話が多かったです。捨て猫・捨て犬の話がかわいらしくて好きでした。
登場人物が増えすぎてて、家族以外だと誰??という人がちらほら(^^;シリーズは全部読んでいるはずなんですが…。堀田家に限定しても、人多いですよね。。最初の紹介文の長いこと!サチの語り口が穏やかなのでさらっと読んでしまいますが、どう考えても複雑すぎる(笑)

公式サイト(http://www.shueisha.co.jp/bandwagon/)で登場人物をキャスティングしているのがおもしろいです。私のイメージとはかなり違うんですけどね。
《はる》のコウさんは私の脳内では最初から完全に松重豊さんになってます(笑)真奈美さんは久我陽子さん。堀田家は我南人=内田裕也っていうの以外はあんまり思いつかないなぁ…。

次巻はレンザブローで連載されていたスピンオフ短編集でしょうか。
なんで人の恋愛(とくに結婚なんて一大事)を周りが勝手にお膳立てするんだとか、けっこうドロドロしてるのに皆仲良すぎてちょっと気持ち悪いとか、ところどころ違和感があって、手放しで大好きといえるシリーズではないのですが、続編が出たときけば必ず読んでしまうくらいには好きです。
あと、我南人を好きになれるかどうかで評価は分かれそうですね。私はあの喋り方、かなり苦手なんですが(^^;
ちなみに好きな順に言うと、男性は紺、勘一、青、女性は亜美、サチ、すずみ、って感じです(お、ちょうどペアになってる)。次点が研人と花陽かなぁ…研人は今回で急上昇。どんどんかっこよくなってます。藤島さんもいいんだけど、いい人過ぎてちょっと(笑)

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:さ行] | 2010.06.18(Fri) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。