[Category] まとめ

≪ new     old ≫

2011年後半に読んだ本

今年ももう終わりですね。早いなぁ。。
年間まとめの前に、まずは7~12月に読んだ本です。

『青空の卵』坂木司
『ローレンス・ブロック傑作集〈1〉おかしなことを聞くね』ローレンス・ブロック
『13階段』高野和明
『四畳半王国見聞録』森見登美彦
『オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ 東京バンドワゴン』小路幸也
『at Home』本多孝好
『猫舌男爵』皆川博子
『ミスター・ディアボロ』アントニー・レジューン
『パパは今日、運動会』山本幸久
『ローレンス・ブロック傑作集〈3〉夜明けの光の中に』ローレンス・ブロック
『快盗ビショップの娘』アリー・カーター
『チョコレートコスモス』恩田陸
『魔法』クリストファー・プリースト
『くちびるに歌を』中田永一
『女生徒』太宰治
『サヴァイヴ』近藤史恵

残念ながら半分くらいしか感想を書けなかったですね。。
『猫舌男爵』はなかなか難易度の高い本でしたが、表題作がとにかく可笑しくて…森見さんの『恋文の技術』みたいな面白さ。あれが好きだった方ならきっと楽しめると思います(逆もまた然り)。
中田永一さんの新刊が出たのも嬉しかったです!もう覆面はやめたとのことだったので諦めていたら、今後もこの名前は残してくれるみたいで良かった。これはそのうち感想書くかもです。
あと久しぶりに太宰治を読んでみて、やっぱり好きだなぁと思いました。実は『人間失格』は未読なんですけども、最近電車で立て続けに2人『人間失格』を読む人を見かけ、これはもう読むしかないのか…?と。太宰ブームって一昨年くらいだったように思うのですが、最近何かあったのかしら。どちらも若い女の子だったから、生田斗真効果かな(笑)
『サヴァイヴ』は待望の自転車ロードレースシリーズ最新作。ストーリーセラーに載っていた外伝3作も入ってました。赤城が主人公の話が特にいいんですよ~。これも後でちゃんと書きたいです。

思ったより長くなったので、年間まとめはこの後、別エントリにて。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [まとめ] | 2011.12.29(Thu) PageTop

2011年5,6月に読んだ本

ついにスポンサー広告が出てしまったので、あわてて更新。

『文学刑事サーズデイ・ネクスト〈2〉さらば、大鴉』ジャスパー・フォード
『折れた竜骨』米澤穂信

『ジェネラル・ルージュの凱旋』海堂尊
『人形遣いの影盗み』三木笙子
『おしまいのデート』瀬尾まいこ
『ジェネラル・ルージュの伝説 海堂尊ワールドのすべて』海堂尊

ほぼ5月に読んだやつです。6月はさっぱり…今も2冊くらい手をつけてるけど、なかなか進まず…。
原因はたぶん、iPad2を買ったからかな。
パソコンに比べるとブラウザの機能なんかは全然しょぼいのですが、まったり読み物するにはお手軽ということで、気になってたオンライン小説とかWebコミックなんかをまとめ読みしてました。
長時間持ってても暑くならないのもこの季節にはいいです。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [まとめ] | 2011.07.01(Fri) PageTop

2011年3,4月に読んだ本

あまりにも本を読むペースが落ちているので、2か月分まとめてみました。
だったらこの記事いらないんじゃないかとか思いつつ、総括が年に1度しかできないのはやはり寂しいので。。

『レヴォリューションNo.0』金城一紀
『ワニのオーケストラ入門』ドナルド・エリオット
『こどもたちのオーケストラ入門』矢吹申彦
『文学刑事サーズデイ・ネクスト〈1〉ジェイン・エアを探せ!』ジャスパー・フォード
『鶴屋南北の恋』領家高子
『箱庭図書館』乙一

お気に入り作家さんの本はいきなり買ったりもしますが、ほとんどの本は図書館で借りています(読んだあとで欲しくなったら買う)。
そして大抵の場合、入ってすぐのカウンターで予約本を受け取ってそのまま帰っちゃうことが多いです。予約だと、思いついたときにPCや携帯からできるし、市内のどこの館の本でも借りられるので。
ところが、地震の影響でしばらく予約システムが使えなかったんです。で、これもいい機会だと思って、久しぶりに館内をウロウロして借りる本を探すことにしました。
予約は効率がいい反面、読みたかった本だけを借りているわけで、自分の守備範囲から外れた本はあまり目にふれないんですね。だから、”見たことも聞いたこともない本”というお題で選びました。
それが『文学刑事サーズデイ~』と『鶴屋南北の恋』です。(前置き長くてすいません)
感想を読んでもらえばわかりますが、どちらもなかなかのアタリで我ながら大満足。
そういえば2009年の年間ベスト本『黄金の王 白銀の王』も似たような出会いでした。いきあたりばったりもたまにはいいものです。

オーケストラ関係の2冊は、ドラマ『のだめカンタービレ』と『ベートーベン・ウィルス』を見るにあたって、せめて楽器の名前くらい覚えようと思って借りたもの。どちらも絵本なのでわかりやすくて面白いですよ!(個人的にはワニの絵がリアル寄りだったのが嬉しかった…笑)

Trackback [0] | Comment [0] | Category [まとめ] | 2011.05.03(Tue) PageTop

2011年2月に読んだ本

今月も停滞しております。

『スーパーヒーローの秘密』シャンナ・スウェンドソン
『花よりもなほ』是枝裕和
『鎮火報』日明恩

以上3冊のみ。
最後の『鎮火報』が予想外にしんどくて…途中で放置したりも含めて20日近くかかりました;

気になっていた新刊本も知らない間に出ていたようで、のんびりしてたら図書館の予約がえらい人数に…。
瀬尾まいこ『おしまいのデート』は買うつもりだったからいいけど、森見登美彦『四畳半王国見聞録』は迷い中。
そういえば金城一紀の久々の新刊も出るんでした。ちょっとテンション上がってきたかも!


Trackback [0] | Comment [2] | Category [まとめ] | 2011.02.28(Mon) PageTop

2011年1月に読んだ本

今月読んだ本です。

『有頂天家族』森見登美彦 (再読)
『ALONE TOGETHER』本多孝好
『Dカラーバケーション』加藤実秋

下の2冊は特に可もなく不可もなく…感想は割愛しました。インディゴシリーズはちょっともういいかな、と思ってます。

こんな冊数でまとめる必要性も特にないんですが;
今年は全部に感想を書くのをやめたので、せめてこれだけでもと思い…やっぱりいらないかな??

一つ前の記事と熱の入れようが違いすぎてすみません…(笑)

Trackback [0] | Comment [0] | Category [まとめ] | 2011.01.31(Mon) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com