劇団四季『ライオンキング』

少し前になりますが、観てきました!
劇団四季はミュージカル、ストレートプレイどちらも行ったことはあるのですが、ロングラン公演しているような有名どころは実は観たことがなく、『ライオンキング』も今回が初観劇でした。

歌や芝居のレベルは高いけれど、正統派すぎるがゆえに、いまいち面白みに欠ける…というのが私の中の四季のイメージ。でも、だからといって観に行かないのは損ですね。さすがのクオリティです。
S席でも1万円しないですし、チケット業者を通さずに直接買える(つまりシステム利用料などが不要)、QRコードによるチケットレス、とサービス面でも満足度は高かったです。

※以下、ネタバレ有り

オープニング、動物たちが勢揃いする場面は圧巻でした。とにかく動きがすごい。自身の体を使って演じているのもあれば、何頭かの模型を操っていたり…動物に詳しくないので名前は挙げられないですけど。
あと、象!大きいものってなんであんなに感動するんだろう。
とにかく、ここだけとってみても一見の価値ありです。

シンバの子供時代から始まるのか〜、まぁ大河ドラマみたいな感じですぐ大人になるよね、と思っていたら、1幕まるまる子供シンバだったのにはびっくりしました。
シビアな四季の世界(ちょっとでもミスしたら役者交代なんだよね?)で主役を背負う子役ってすごいなぁ。平日マチネは学校お休みしてるのかしら。

ストーリーはというと、けっこう雑な感じ…(汗) まぁ、ミュージカルってそういうの超越したところで良かったりしますしね。でも、もう少しシンバの葛藤というか心情を感じられると良かったんだけど。
プライドロックには戻らないと言っていたシンバが一転、スカーと対決する決心をするところなど、妙にあっさりしている気がして。
それをいったら、スカーの一言だけで故郷を出ていくっていうのもすごいけど。

そんなわけでムファサ・シンバ親子にはいまひとつ感情移入できなかったんですが、そのかわり私の心をがっちり掴んだお方がいました!この物語の悪役、ムファサの弟・スカーです。

ガチムチ体型のムファサに対し、スカーは細身で髪はオールバック。いかにも冷酷無比な悪役というビジュアルです。が、結構やることが生ぬるいんだな(笑)
ものすごい陰謀をめぐらせているのかと思えばそれほどでもなく、とどめを刺したかどうかも確認しない迂闊さ。いざ自分の天下になったはいいものの、誰にも慕われないと拗ねる。そして腕力はないと自負するだけあって、直接対決だとまじで弱い(笑)
シンバを追い詰めた満足感から、訊かれてもいないのにペラペラ自白しだしたときは、やっぱりそうきたかーと思いました。悪役(それも小者)の定番ですよね。で、あっさり形勢逆転されるっていう。

1幕のなんだかんだでシンバになつかれる叔父さんスカーも良かったけど、やはり2幕ですかね。
何かの動物の骨でできてる、超かっこいいカウチwに乗って登場するスカー。そして突然ナラに迫りだすスカー。王妃に行くのかと思いきや、まさかのロリコン(笑)
四季独特のしゃべり方と相まって、強烈な印象を残してくれました。

スカー以外でもうひとつどうしてもつっこみたいのが、雌ライオンの涙演出。←観たことある人は絶対あぁ〜って思うはず。
あんな風になるとは全く知らなかったので、衝撃でしたよ…。
調べてみたら、初演時から続く演出だそうで。シリアスな場面なのに笑いが起きるのって残念すぎるわ。
その後に王妃がブチッと引きちぎる(…)ところも、意図はよくわかるんですが、もっと他になかったんですかね?できれば演技で表現してほしかったかも。

ミュージカルなのに歌がほとんど印象に残っていないのはちょっと問題ですが(汗) 楽しかったです。
見所は、動植物の形態模写と、スカーかな。ある意味、涙も(笑)
オープニングをなぞったエンディングは、感慨深いものがありました。

機会があればまた行きたいな。同じくロングラン公演中の『キャッツ』も行ってみたい!

Trackback [0] | Comment [0] | Category [舞台] | 2014.08.21(Thu) PageTop

2014年春ドラマ

録画をためすぎてHDDが逼迫してきたので、今クールはがんばって見ています。

『極悪がんぼ』(月9)
この話をこの枠で…と驚きましたが。もはや月9ブランドなんて崩壊してるし、いいんじゃないでしょうか。
週の初めからダメ男の煮え切らない恋愛を見させられるよりは、だいぶいいです(笑)
予想通り、ナニワ金融道とカバチタレ!を足して割ったような感じ。全く同じようなシーンもちらほら…。
でも、さすが濃ゆい俳優さんが集まっているだけあって、楽しいです。
ナニ金の小林薫さんがすごく好きだったので、今回はおじいちゃんフィクサーでちょっと残念だけど。
豪華キャストを集めたはいいけど…というパターンにはならないよう、個々のキャラをうまく活かしてくれるといいな!

『ビター・ブラッド』(火9)
佐藤健くんが苦手だから見る気はなかったんだけど、テレビつけてたら始まっちゃったので。
なんか…かなりコメディ寄りなんですね(汗)
こういう同時に叫んだりキメ顔をしたりっていう定番の演出、決して嫌いじゃないんですけど、役者を選ぶのでね。合わない人がやると、本当にいたたまれないです。無理してる感が見えちゃうとダメですね〜。
刑事たちがニックネームで呼び合うのもどうなの…。
なんだかんだで最後まで見てしまったけど、もう見ないかも。

『花咲舞が黙ってない』(水10)
池井戸潤原作、主演は朝ドラヒロインと、あざとさが目についちゃって、あまりいい印象がないままに見始め。
面白かったですよ。現場が経験と機転で腐った上層部に一矢報いるっていう構図はやっぱりスカッとするね。
演技がいまひとつな印象だった杏ちゃんもなかなかハマリ役だったし。
上川さんは主人公の相棒的ポジションなわけですね。私ちょっと苦手なんだけど(そんな人ばっかり笑)、演技は心配ないし、いいコンビネーションを見せてくれそうで楽しみ。
しかし生瀬さんはこの前の隠蔽捜査といい、嫌なエリート役が増えてきたなぁ。ストロベリーナイトの井岡みたいな役の方が好きなんだけどなー。

『銀二貫』(木8)
一話完結のほのぼの人情時代劇かと思いきや、2話まで見た印象だと、どうも少し違うような気がしてきました。
もう少し厳しい視点で描いているみたいですね。問題を解決したとしても、しこりは残っていくという。
どうも松吉を応援するような気持ちになれないのが、もどかしいです。あまりにも不器用すぎるし、それでも必死に努力してますって感じでもないし。
あと、芦田愛菜ちゃんの演技に拒絶反応が…。上手すぎても嫌われるなんて子役は大変ですよね…。

『BORDER』(木9)
金城一紀脚本ってことで、やはりSPと比較してしまいます。
小栗くん主演だからというよりは、局・スタッフの違いだろうけど、うーん、想像以上に堅苦しい。
主人公のナレーションがひたすら続くのはどうにもつまらないし(これは初回だけかもだけど)、
古田さん演じる情報屋のシーンは、なんかこっ恥ずかしくてムズムズしちゃった(笑)
淡々とした中でくすっと笑えるのを期待していたんだけどな〜。青木くんだけ妙に浮いちゃってる。
被害者、犯人…と登場する死者のパターンがいろいろありそうなので、そこは楽しみ。1話完結で見やすいしね。
波留ちゃんは一人若いしどうなんだろう?と思ったけど、意外とよかったね。クールな役が顔に合ってる。
ただ、主人公との恋愛フラグっぽいのはいらないですよー。

『MOZU season1 〜百舌の叫ぶ夜〜』(木9)
まだまだ全体像が見えないので、面白いとも言い切れないのですが、見応えは十分。西島さんはハードボイルドが似合いますね〜!
WOWOWとの共同制作ってことでさすがのクオリティです。映像も映画並み。そのかわりseason2はWOWOW契約しないと見られないんですけどね。
ここまで重厚な作品を見るのは久々で、初回は長かったこともあり、見終わるとぐったり疲れてしまいました。毎週見るのと一気に見るのとどっちがいいかしら。
…とか言ってたら2話の録画を失敗。うーん、どうしよう。

『続・最後から二番目の恋』(木10)
大好きなドラマの続編ってなると普通は不安になるものだけど、これに関しては全然心配してなかったなぁ。
やっぱり会話がいいね。どの組み合わせを切り取っても楽しい。自然に聞き入っちゃう。
ただ、和平と千明はスペシャルでの展開があっただけに、二人きりでいい雰囲気になるとなんか照れる。。
あと、えりなちゃんが大きくなってちょっと淋しい気持ちになっちゃうのは仕方ないよね。汚れたとまでは思ってないから、そこは許してほしいな(笑)
今後の展開がまったく読めないけど、どう転んでも楽しませてくれるでしょう。
途中のフランスロケ、いる?と思ったけど(展開もかなり強引だったし)、まぁ、続編できて良かったね!ってことだと捉えました(笑)

『リバースエッジ 大川端探偵社』(金深夜)
オダギリジョー目当てというより、大根監督だから面白いでしょ!と期待していたのですが、録画失敗…。

もう1本の池井戸潤原作『ルーズヴェルト・ゲーム』は来週以降。唐沢さんだし、きっと面白いでしょう。

あと、新ドラマではないですが。
『レバレッジ 〜詐欺師たちの流儀』(火9)
ずっと見たかったTVシリーズのシーズン1が地上波で始まりました。
悪者相手のコンゲームなのですが、頭脳戦だけでなく格闘シーンなんかもあって、面白かった!

そういえば大河の『軍師官兵衛』はずっと録画しているものの、まだ1話も見ていません…。
良いとも悪いとも評判が聞こえてこないんだけど、どうなんだろう。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [テレビ] | 2014.04.20(Sun) PageTop

七変化音楽劇『有頂天家族』

先週ですが、アトリエ・ダンカン ブロデュース 七変化音楽劇『有頂天家族』を観てきました。
昨年の青春音楽活劇『詭弁 走れメロス』(→感想こちら)が面白かったので、第二弾と聞いて迷わず申し込み。
原作はもちろん森見登美彦さんの同名小説(→感想こちら)。大大大好きなお話なので、どんなふうに舞台化されるのか本当に楽しみでした。

狸・天狗・人間の三つ巴のお話だけに、セットも三段構成。
今回は狸が主人公、しかも変身したりなんだりがあるので、一体どうやるんだろう?と思えば、そうきたか!という意外とシンプルなアイデアでした。シンプルだけどいい演出。
そしてセットで表現できないところは形態模写で。夷川一家を演じた3人は、他に一体何役やってたんでしょう…。

森見節ともいえる非口語体のコムズカシイ言葉をそのまま早口で喋り倒すのは前回同様。この膨大なセリフと段取り(出たり引っ込んだりが本当に多い!)を覚えきった役者さん達に、心から拍手を送りたいです。
二幕もので2時間半もあると知って、長っ!と思ったけれど、原作をここまで端折らずに全部やりきれば、そりゃあ長いよねぇ(苦笑) 合間合間に歌謡ショーもあるわけで。
でも、見どころ満載であっという間でした。

新垣里沙ちゃん演じる、矢三郎の女の子バージョンがめちゃくちゃ可愛かった〜!男勝りな女の子の演技ってあんまり好きじゃないんですけど、全然大丈夫でした。狸のオスが化けてる感がちゃんと出ていてすごいです。
あ、あと、海星のツンデレっぷりをリアルにやられると、すごくムズがゆいんだなって実感(笑)

男矢三郎で主役の武田航平くん。あいかわらず腐れ大学生にしては顔がかわいらしすぎる気もしますが、だんだん阿呆な狸に見えてくるから不思議。笑顔がいいですよね〜本当に楽しそうで。
矢一郎は、かなりイメージ通りでした。あんまりふざけられない役なのでちょっとかわいそう。
矢二郎は、カエルの無理矢理感にやられた。あくまで肩に乗ってる体なのね(笑)
矢四郎は、思ったより背が高くて可愛さは半減したけど、しっぽ可愛かったです。
お母さんは、本当に宝塚出身の方なんですね。さすがの歌声でした。
赤玉先生は、最初ちょっとイメージと違うと思ったけれど…総一郎との会話シーンはやっぱりよかった。
弁天は、さらにイメージと違いましたが…いじめっ子っぷりが清々しくてよかったです。
夷川の3人は…本当にお疲れ様でした(笑)

個人的に最大のツボは、長老たちだったりします。思い出しただけでニヤニヤしてしまう…。
原作でも特に大好きなくだりなのですが、再現率ハンパないです!(笑) これは一見の価値ありですよ。

第三弾はあるのかしら。あるなら次は「恋文の技術」あたりを観てみたいな。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [舞台] | 2014.01.26(Sun) PageTop

『超能力カウンセラー アビー・クーパーの事件簿』ヴィクトリア・ローリー

期待しないで読んだら、意外なほど面白かったです。

超能力カウンセラー アビー・クーパーの事件簿超能力カウンセラー アビー・クーパーの事件簿
(2006/11/28)
ヴィクトリア・ローリー

商品詳細を見る

予知能力を使ってカウンセラーをしているアビーは31歳おひとり様。白馬の王子様を待ち望んでいるのに、彼女が超能力者だということを知ると男は逃げていってしまう。やっとお見合いサイトで見つけたイイ男、しかし彼は実は刑事さん。せっかく超能力で犯罪の手がかりを教えてあげたのに、「犯人しか知らない情報を知ってるなんて」と私を犯人扱い、あぁ、もう、男って、警察ってどうしていつもこうなの!恋するサイキックのドタバタ事件簿。
(「BOOK」データベースより)


プロのサイキック(超能力者)が主人公で、この安っぽい装丁と表紙。いかにもイロモノ・B級小説という感じなのですが、なかなかの拾い物でした。

連続殺人事件に巻き込まれていくサスペンスと、同じ事件を追う刑事との恋の駆け引きが両方一度に楽しめるストーリーで、そのどちらにも主人公アビーの特殊能力が遺憾なく発揮されています。
超能力を使うなんてチートもいいところですが、すぐに犯人がわかってしまうほど完璧でもなく、また現実主義で証拠がないと動けない警察との兼ね合いから、なかなか真相に辿りつけません。
そのあたりの葛藤を通して、サイキックならではの悩みなんかも伝わってきます。

翻訳も悪くなく、テンポよく読めますし、なによりアビーの言葉の使い方が面白くて。(全編通して彼女の一人称なのです。)
事件の担当刑事であるダッチとの軽口の応酬も楽しい。男女ペアで事件を解決していくような海外TVシリーズが好きな方なら、きっと気に入るはずです。
ダッチが、これまた魅力的なんですよ。海外作品に出てくるヒーローっていまひとつピンとこないことが多いのですが、彼はすごく好みです。あまりにも完璧すぎてロマンス小説くさいのがちょっとあれなんですけども。
他にも個性的なキャラクターが何人も出てきます。その中で特に面白いのが、アビーの姉キャット。彼女の24時間がどんななのか知りたい(笑)

私は霊能とか占いとかスピリチュアルなものに一切興味がなくて、一時期流行ったテレビ番組なんかも見たことがないです。でもフィクションなら案外楽しめるものだなーと思っていたら、訳者あとがきを読んでびっくり。アビーのモデルは作者のヴィクトリア・ローリー自身で、プロのサイキックなんだそうです。

本国では今度12作目が発売されるほどの人気シリーズのようですが、日本では出版の目処が立たなかったのか、これ一冊きり。
見覚えのないレーベルだなと思ったら、マンガ専門の出版社が翻訳小説部門に参入したということらしいです。それでこの表紙なわけね、と納得。小林ユミヲさんが悪いというわけではないけれど、これは売れないだろうな。。。
今もこのレーベルが存在しているのかすら怪しいですし、もう日本で続きが出ることはないでしょうね。シリーズものに手を出すなら、きちんと最後まで責任持ってほしいですよ、ほんとに(怒)
他の出版社が版権を買い直して最新作まで出版してくれると嬉しいんですけども。


Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:海外] | 2014.01.19(Sun) PageTop

2013年に読んだ本

(とっても今さらですが)あけましておめでとうございます。
昨年はメインである本の感想をほとんど書けず、月イチ更新すらできず、停滞気味で失礼しました。
今年もどうぞよろしくお願いします。見捨てないで〜;

ということで、恒例の年間まとめです。
昨年1年間で読んだ本は35冊。(リストは追記に。)
ここ数年はずっとこれくらいの量で落ち着いちゃってますね。もっと読みたい気持ちはあるのですが、なかなかエンジンがかかりません。
そして毎年1冊ずつ選んでいるベスト本はというと、本当に決められなくて困ってます。

感想を書いていない中で印象に残っているのはこのあたり。

『恋文』連城三紀彦
高評価されているのも納得の珠玉の短編集。中田永一が好きな人は読むといいかも。

『ローレンス・ブロックのベストセラー作家入門』
小説家を目指している人におすすめ。そうでなくても十分面白いです。この人のユーモアセンスはやっぱり好き。

『金星特急』嬉野君
ラノベはやっぱり苦手だけど、それを差し引いても面白かった!外伝が出てるようなので早く読みたいです。

『大はずれ/大あたり殺人事件』クレイグ・ライス
70年以上前に書かれたとは思えない、今読んでも楽しいユーモアミステリ。

『舟を編む』三浦しをん
辞書編纂というテーマがもう大好物。映画は未見ですが、馬締くんは完全に松田龍平くんのイメージです。

『MEMORY』本多孝好
MOMENT、WILLの二人の過去や未来が読めて満足。書きかけの感想があるので、そのうち出すかも。

『ジャンピング・ジェニィ』アントニイ・バークリー
初バークリーでした。うん、たしかにすごいかも。強烈に皮肉のきいたミステリでした。

<時間旅行者の系譜>3部作 ケルスティン・ギア
翻訳YA。タイムトラベルとラブコメがうまくミックスされていて面白かった。

うーん。面白かったな、よかったな、と思っても、文句なしに5つ星!というものがなく、どれも決め手に欠ける…。
今回は該当なしということで、ひっそりと終わりたいと思います。
・・・見捨てないで〜(2回目w)

» read more...
Trackback [0] | Comment [0] | Category [まとめ] | 2014.01.12(Sun) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com